2012年8月の記事一覧

ダイエットはつらくてモチベーションが維持しづらくたいていは続かないものです。

現代人は雑誌やテレビで十分すぎるくらいダイエットの方法は知っています。
飽きっぽい、基本的に運動嫌い、多忙、などで、なぜかやめてしまいます。

通販でステキなダイエットアイテムも手に入ります。

ビリーズブートキャンプだってコアリズムだって(古いですがw)、いまでも実践さえすればカンタンにダイエットできます。

頭ではわかっていてもしんどくてめんどくさくて続かない・・・

これもまた真実ですね。

まずは目標をはっきりすることです。

たとえば、

運動なら、トレーニングハイのあの感じを味わうところまでやる。
きつさを超えた先にやってくる気持良さは知っていますよね。

なんでも数字にする。
体重・体脂肪率を計って記録することを日課にすると、漠然とした状態からは脱出できます。
人間は数値目標がなければ、がんばれないものなのです。

マラソン大会にエントリーするなど、日程のあるものに向かってトレーニングする。
これも効果があります。

ウォーキングやジョギングなら、コースをどんどん変える。
モチベーションの低下も防ぎ、なにより脳が活性化し、頭もよくなります。

血糖値が高いということは糖尿病予備軍だともいえます。
血糖値が上がれば、のどが異様に乾いたり、体がたえずだるかったり、傷の治りが遅くなったり、病気になりやすくなったりといいことがありません。

普段の食生活はただちに見直すべきでしょう。

簡単に変えられるのは水ですね。


血液中の糖を血管の外に出し血糖値を下げるのによく使われるのはインスリンですが、バナジウムにもインスリンと同じような働きがあることがわかってきました。


ですから、「バナジウム水」を常備して毎日飲めば、生活の改善になります。
バナジウムはなかなか食事で摂ることは難しいですから。


バナジウム水はキャッチコピーとして「奇跡の水」とか「魔法の水」とかいわれることもあります。
あまりことばの響きに期待しすぎるのは注意したいですが、血糖値が気になる人は続けてみるとよいでしょう。
血管内にコレステロールが蓄積するのを防ぐ効果も認められています。

このページの上部へ