metabo2_head.jpg

タグ「体脂肪率」の一覧

体脂肪を効率よく減らすにはどんな運動をすればよいでしょうか。

やみくもに運動やスポーツをすればよいというものではありません。

体は疲れますが、ほとんど役に立ちません。
(運動しないよりはずいぶんマシですが)

体脂肪を減らすのに適した運動は「有酸素運動」。

運動は有酸素運動と無酸素運動に分けられます。
有酸素運動は酸素をからだに入れながらする運動です。
代表はウォーキング、エアロビ、軽いジョギングなどです。
運動しながら脂肪を燃やせるから有酸素運動体脂肪を減らすのに適しているのです。

無酸素運動はたとえば100メートル競走、筋トレなど呼吸を止めてする激しい運動です。


有酸素運動でも、最初の10分,20分は糖分を燃やしています。
その糖分が底を尽きたら、それから脂肪を燃やしはじめます。

だから5分で帰ってきてはいけないのです。

長くウォーキングするジョギングするためには、良い景色とか、イヤフォンで好きな音楽を聴くとか、英語の教材を聴くとか、ためになる講話CDを聴くとか、友達とおしゃべりしながら歩くとか、楽しく続ける工夫はあったほうがいいでしょう。

あなたの体脂肪率は「肥満」レベルですか?

普通、自分の体脂肪率が高いという事実を知った人はまず食事制限をしようとします。

それはまちがいではありません。

肥満になる最大の原因はカロリー摂取が必要以上ということですから。

けれども単に食べないダイエットをすると、前にも書いたように基礎代謝を下げますから、
太りやすい、リバウンドしやすい体作りをしてしまいます。

ダイエットが成功して、元の食事量に戻したときに以前よりもぐんぐんと太るといった最悪のシナリオです。

太りやすいからだ作りをしたのだから当然なわけです。

ほとんどの人はあまり理解していません。

空腹の時間が長くなれば、体は飢饉が来る準備をします。
エネルギーをできるだけ溜め込むようにシステムを変えます。

朝食抜きダイエットなんて最悪です。
空腹の時間を長くするので、蓄えモードになり太りやすいからだを作ります。

肉抜きダイエットも最悪です。
筋肉を減らすので、確実に基礎代謝を減らし、太りやすい体を作ります。

肉を食べないなら、魚を多くしてたんぱく質を摂りましょう。

体脂肪を減らしたい
そんなふうに思っていても、目標値を持っていなければほとんどの人は成功しません。

メタボ、メタボと世間は騒がしいですが、よくわかっているひとは少数です。

ダイエットしたいと思い、「とにかく痩せる!」という人と「53キロまで痩せる」という人では前者は必ず失敗するのと同じです。

体重を目標にするならまだわかりやすいですが、体脂肪率を目標にするにはあなたの年代性別の体脂肪率基準値、体脂肪率の目安を知らなければなりません。

適正範囲はおおまかに書けば、

・30歳未満の男性でなら14〜20%
・30歳以上の男性でなら17〜23%
・30歳未満の女性でなら17〜24%
・30歳以上の女性であれば20〜27%

肥満
男性25%以上、
女性30%以上
です。

これが体脂肪率の基準値です。


年齢によって基準値はけっこう違いますね。

女性は妊娠、出産があるので体脂肪を多く蓄えるようになっています。


ただ、見た目にも太っていて、体脂肪率も高いという人はまだいいのです。

問題は見た目は痩せていて、体脂肪率が高い人!

いわゆる『隠れ肥満

成人病まっしぐら!!

体脂肪計にのって体脂肪率のチェックをすることです。

このページの上部へ