肥満細胞・・・なんとなくいやなひびきを持つことばですね。
肥満細胞持ってる?」・・・持っていないと答えたい笑。
ご存知ではないかもしれませんが、肥満細胞とは、免疫システムの重要な部分を構成する細胞組織の一つです。
重要といわれてもなにが肥満なのか。
じつは肥満細胞とは、かゆみやくしゃみ、鼻水などのアレルギー反応を引き起こすヒスタミンなどの物質が詰まった細胞のことなのです。
肥満細胞と名前だけ聞くと、肥満と関わっているの?と思いがちです。
でもあまり関係ありません。
肥満細胞は外部からカラダに侵入してきた細菌からカラダを守る働きをしています。
肥満細胞の働きのおかげで、病気にかかることなく生活が出来る・・・そういってもよいぐらい大切なものです。

もうひとつ、細菌から体を守る重要な働きをしているのですが、この肥満細胞は体内に蓄積されていきます。
この細胞が皮膚や体のあちこちに過剰に増えて蓄積され、肥満細胞が刺激反応を起こしてしまうことで、かゆみや皮膚の盛り上がりを作り出してしまうおそれもあります。
こうなると肥満細胞症
じんましんによく似ていますが、じんましんと違うのは、毎回決まった箇所でかゆみや皮膚の盛り上がりが見られることです。
肥満細胞が蓄積される場所は、皮膚だけではありません。
胃や腸など消化器官やリンパ腺や骨、肝臓やすい臓など、内臓にも蓄積されていきます。

発症する時期は幼年期が多いです。
大人になってから発症する場合も多くはありませんがあります。
軽い場合は、自然治癒することがほとんどですが、かゆみがひどい場合はお医者さんへ。
ヒスタミン剤を服用したり、皮膚にステロイドクリームを塗って治療してもらいます。
このように肥満の名前を持ちつつ、肥満の原因ではない肥満細胞ですが、適度なバランスで働いてほしい細胞であります。
[PR]骨盤矯正のパンツ
健康コーポレーションのジンジャリフト