血糖降下薬ってご存知ですか。
ここでは血糖降下薬について書いていきます。
血糖降下薬」とはその名のとおり血糖値を下げる薬のこと。
高い血糖値を下げる薬には具体的にどういったものがあるのでしょうか。
まず最初に、血糖値を下げる薬のメインの役割は、糖質の吸収を妨げたり、糖の代謝を促したり、インスリンの働きを高める事などです。その時々の血糖値の状況によって、使用する薬は異なりますが、大きく分けて4つの薬に分けられます。

インスリン抵抗性改善薬

アクトス薬など。食前か食後に、1日1回服用します。直接インスリンに働きかける作用があるので、血糖値を下げる効果があります。

α−グルコシダーゼ阻害薬

ボグリボース(ベイスン)薬、グルコバイなど。これらは食前に服用する薬で、血糖降下薬の中では最も弱い薬になります。食物繊維と同じような働きがある為、糖の吸収を遅くして食後の血糖値上昇を防ぎます。

ビグアナイド薬

グリコラン、メルビン、ジベトスB薬などです。最近では、あまり処方されていない薬です。食欲を減退させる為に、肥満の高血糖の場合に効果があります。

スルフォニル尿素薬

パミルコン、アマリール、オイグルコン、ダイアグリコ薬などです。服用初期は1日1錠で効果が期待出来るのですが、徐々に効き目が悪くなり、量が増えていきます。脾臓に働きかけて、インスリンを分泌させる効果があります。

とはいえ、薬には副作用がつきもの。できるかぎり適度な運動と食事療法を上手に取り入れて、徐々に弱い薬へ移行出来るように日々努力することは重要です。
血糖降下薬に頼る体質にならないようにこころがけましょう!

[PR]ひとてまいで便秘解消。