あなたは定期的に自分の血圧を計っていますか?
ぶれもなく正常な数値が続いていますか?

リンク:ボニックでスピードおなか痩せ

高血圧は生活習慣病とも言われていますが、それは高血圧が様々な病気の引き金となりやすくなっているからなのです。
ならば、高血圧が関連する病気には一体どんなものがあるのでしょう。
血圧が高ければ、それだけ血液を送り出している心臓に負担が掛かってくる為に、どうしても心不全や心肥大などの心臓疾患の危険性が出てきます。
ならびに、高血圧状態が長く続くと、血管が常に張り詰めた状態となり、次第に柔軟性が無くなり、硬くなっていきます。
おそろしい動脈硬化です。
そうして動脈硬化が進むと血管がもろくなり、ちょっとした血液の圧力で血管が破れて出血してしまう脳出血や、脳卒中へと繋がっていきます。

見てきたように、高血圧が関連して発症する病気には、日常生活に支障をきたしてしまうような重大な病気が挙げられます。
さらには、重い病気ではなくても、心臓に負担が掛かる為に、動悸や息切れが激しくなったり、むくみが起こったりします。
この動脈硬化の為に血液の循環が悪くなり、肩コリやめまい、頭痛、疲労感に悩まされる事もあるでしょう。


このように、高血圧の初期症状は見逃されるケースが多いのですが、いつもと体調が異なると感じたらまず血圧を測ってみると良いでしょう。

リンク:八王子クリニックの人間ドック季節の変わり目にプロポリス

初期段階だと、食事や運動などの生活改善で血圧を低下させる事はたやすいことです。
定期的に自分の血圧を確認する事で、正常な血圧を保つように心掛ける事が大切ですね。

自分の体の調子を判断する基準は持っておくべきです。